ヘヴィメタる日記

私こと"きしもと"がハードロック/ヘヴィメタルのCDを統一性無く買った順から紹介していくブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Live at CBGB's 1984 / D.R.I.

説明不要のハードコアバンドD.R.I.の84年のライブを収録したアルバム。



とにかく最初から最後まで勢い満点!!!
音自体は軽めなんですが、どれもスピーディかつ生々しく聞き手に有無を言わせぬようなパワーがあります。
最初聴いた時は、「あれ?ライブじゃないのかな?」と思ったんですが後々聴いていくとちゃんとMCとか観客の声も入ってきます。
しかし、デモ並の演奏&音質だよなぁ(笑) いや、音質はひょっとしたら良いほうなのかもしれないけど、基本的にはドンシャンドンシャン突進してますので…(^^;
40曲収録されてますが、気を抜いているといつのまにか5,6曲終わってるという具合ですが(汗)、彼らがまだハードコアバンドだった頃が一番好きな人には垂涎のアイテムでしょう。
特に"Coach Slouch"や"Bail Out"などの勢いあるナンバーの格好よさは筆舌に尽くし難い。
80'sファンなら今すぐ聴け!以上!

…でも途中で汚い音になるのはナゼ?

このCDをAmazonで買う
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Dirty Rotten LP / D.R.I.

B!誌の伊藤正則氏も「二度と聴きたくないとだけ言っておく」と絶賛のテキサスのハードコアバンドの1st。



ほとんどが一分にも満たない曲ばかりですが、かえってストレートに速さが伝わるので返ってカッコイイ。
ドタバタした印象を受ける演奏で、活きのいいハードコアナンバーを聴かせてくれます。
どうやら不思議とメタル専門の耳の人にも聴きやすい音のようである。ハードコア入門にも是非。

"Crossover"以降は妙にメタルの要素が入ってきてイマイチ勢いが足りず私には物足りなかったのだが
8thアルバム"Full Speed AHead"で完全復活。思わず「これこれ。」と頷いてしまうD.R.I.らしさが満載の会心作だった。

このCDをAmazonで買う

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Humungousfungusamongus / ADRENALIN O.D.

アメリカはニュージャージー出身のハードコアバンドの2ndアルバム。



前作から大きく成長。ハードコアの歴史上でも決して外せない一枚でしょう。
聴きやすく、かつスピード感溢れる活気のある、このハードコアサウンドは「素晴らしい」の一言。
この疾走感と鋭い音は数多いハードコアバンドの中でも屈指の格好良さでしょう。
所々に感じられる彼らなりの遊び心もまた聴き手を楽しませる。

このCDをAmazonで買う

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Convicted / CRYPTIC SLAUGHTER

カリフォルニア出身のハードコアバンドのデビューアルバム。



最初から最後まで聴き手の事なんてまったく考えてないようなカッ飛ばしっぷり。
後一歩でブラストビートになりそうなドラムと危なっかしいギターリフに自己主張の激しいカッコいーベースが絶妙に絡み合う(?)
また、ボーカルは中途半端な吐き捨て系ですが実に下手糞な発声で、一体どうリズムをとっているのかわからない歌い方をする(笑)
この傍若無人なサウンドはある意味ANAL CUNTに通ずるものがありますね……。そんなのでも好きな人にはカッコよく聴こえるようです。というか私がそうなんですけど。

ベースのRob Nicholsonは現在なんとOZZY OSBOURNE BANDで活動しています。
更に90年に元WEHRMACHTのBrian Lehfeldt(Dr)が加入しますが、その頃にはマトモなハードコアをやっています。
うーん、昔のサウンドを愛する人にとっては実に物足りない(^-^;

このCDをAmazonで買う

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Spazztic Blurr / SPAZZTIC BLURR

元WEHRMACHTのメンバーが作った変態お遊びハードコアバンドのデビューアルバム。



ディスクを入れて再生を押すと途端に「ミミミミミ~♪」という気色悪い声とその後ろで妙な歌声が聴こえてくる(汗)
しばらくすると「ピョヨヨ~」というお間抜けなSEと共にオープニングナンバーが始まるのですが、完全に人をナメてるボーカルがまた聴き手を脱力させる。
しかしギターは妙にラヴリーなメロディを弾いており、そのギャップがまた笑える(笑)
後半に行くにつれて高速で"ABCの歌"をやっていたり、ブラストビートなんかも使いまくっているのですが、軽快な感じでむしろ爽快な感じに聴こえる。
というか、ここまで無茶苦茶な事をやっていながらリズムがほとんどズレないのが凄いと思う。(私の耳がおかしいのかも知れないけど)
ポップ&キャッチーな部分があるため、WEHRMACHTよりは遥かに聴きやすいはず。まあ普通の感性した人からすればどっちもどっちかも?(^-^;
ちなみにこちらは比較的入手しやすいです。

このCDをAmazonで買う

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。