ヘヴィメタる日記

私こと"きしもと"がハードロック/ヘヴィメタルのCDを統一性無く買った順から紹介していくブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Exit Paradise / EPIDEMIC

EPIDEMICの94年発表の2ndアルバム。



このアルバムはもう完全にデスメタルになっています。
元々センスが良いバンドだっただけに、作品としての出来は悪くない。
だが、SLAYER直系の突撃型な曲のほうが彼らには合っていると思ってた僕は、この速さ控えめな路線にはちょっぴり残念。嫌いじゃないけど。
リフは非常にカッコいいので、聴いて損はしないと思います。
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

From Beyond / MASSACRE

DEATHの2ndに参加していた人がいっぱいいるデスメタルバンドの1st。



ブラストビートこそ使っていないものの、音はまさに正統派デスメタル。
路線的にはDEATHの2ndと同じようなスラッシュから来たデスって感じなんですが、コチラのほうがデス色が強い気がしますね。
特にRick Rozzの刃物のような鋭さのあるギターソロは今聴いても背筋がぞくぞくするような格好よさ。
残念ながら2ndアルバムを出してすぐ消えましたが、正統派好きは要チェック。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Born Again : II / NECRONOMICON (Jpn)

たまにはジャパメタも紹介しようぜってことで。
日本が誇る福岡の怪物ブルータルデスメタルバンドのデビューアルバム。



ブルデスって言っても最近の全部似たようなブラスト満載のデスじゃなくって
スラッシュからの流れを感じ取れる、「ブルータル」としか表現しようのない暴虐なサウンドのデスメタルです。
このバンドの何が凄いってこのド迫力の音。初期MORBID ANGELを数倍重くしたかのような音圧です。
ベースもバキンバキンで凄いカッコいいし、ドラムは軽快かつ手数多くてスリリング。
ただ、演奏面はこの通り文句ないんですが、ちょっとボーカルが影薄いような…(^^;
個人的にはここだけがちょっとマイナスかなぁ。でもそんなこと抜きにしても聴く価値のある作品です。
何もかも踏み潰していくかのような力強いサウンドは体験しないとわからないかと。
ライブも凄まじいので機会がある方は是非足を運んでいただきたい。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Imperial Doom / MONSTROSITY

フロリダ出身のデスメタルバンドのデビューアルバム。



ボーカルは後にCANNIBAL CORPSEに加入するGeorge "Corpsegrinder" Fisher。
そしてギターは元々はMALEVOLENT CREATIONに在籍していたJohn Rubin。
また、ゲストとしてギターにCYNICのJason Gobelが参加している。
さすがにこのメンバーなら当然曲はテクニカルなものばかり。ドラムも頑張って叩きまくっている。
曲展開は中々に複雑であり、テクニカル路線好きなら気に入るはず。個人的にはボーカルがもっと格好よかったらよかったんだけど。
しかしそんなこと抜きにしても、デビューアルバムにしてこのクオリティは凄い。名盤。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Not To Be Undimensional Conscious / DISHARMONIC ORCHESTRA

オーストリア出身(だったような)の超個性的デスメタルバンドの2ndアルバム。



元々グラインド・コア的な音楽をやっていたらしいんですが、このアルバムでは随分デスっぽい作りですね。
ただし、曲調は実に複雑かつ個性的であり、聴き応え抜群。
ギターの音がヂリヂリのチープな感じであまり重さが感じないため、人によっては聴きやすいのかも。
……この薄っぺらさは初期のNAPALM DEATHに通ずるものがあります(^^;
しかしまぁ、このギターリフの個性といったら凄まじいです。やはりその辺はセンスが良いんでしょう。
またこのバンドはベースが無茶苦茶自己主張が激しい上、奇妙なベースラインをとるので、それと合わさって独特な雰囲気を作り上げています。
ドラムはこれまたパタパタしてて軽いんですが、手数足数多くて大変そう。
なんかもう常に全員がリード取ってる感じですね(^^;
時にはラップまで飛び出す(笑)、他に類を見ないようなアルバムです。聴く度にその凄さが味わえる美味しい作品。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。