ヘヴィメタる日記

私こと"きしもと"がハードロック/ヘヴィメタルのCDを統一性無く買った順から紹介していくブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生協の白石さん

生協の白石さん
白石 昌則 (著), 東京農工大学の学生の皆さん (著)



知人から「面白いから読んでみて」と言われ、手渡されたのですが
やるべき事が多すぎて、気がつけば1週間以上経っていました。
パソコンのウイルススキャン中にパラパラと読んでいたんですが、地味に笑える。
神経がささくれ立っている時に読めば、もっとほんわかするんじゃないでしょうか。
ただ、一気にガバッと読めてしまうため、ボリューム不足に感じる。
やはりパラパラ読むのが一番でしょう。

全然メタルじゃなくてすいません。

この本をAmazonで買う。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

ほっ。

っと、一息。
一応お気に入りに入れてあるサイト様のみ追加してみました。
他にもブログ系のサイト様も入れようかなと思ったんですが、黙って追加するのも何だかなあと。かといって連絡するのも面倒だし。
以下、近状。

■ 巷で話題の「リアル鬼ごっこ」(山田悠介著)を読みました。
笑い死ぬかと思った。

■ それと「そして粛清の扉を」(黒武洋著)も。
プログレッシヴメタル並に先の読めない展開で少々疲れましたが…、それなりの衝撃がありました。ただ、学校ジャックで人質がガンガン殺されていくっていうのはブッ飛んでて良いんですけど、細かい描写がなくっていまいち迫力に欠けるように思いました。…なんか危ないな、オレ。

■ 東野圭吾の「白夜行」が映画化ですか。
「秘密」が糞過ぎる出来だったのでそんな期待してないけど、やっぱり見るんだろうな。

■ 伝説のグラインドコアバンド、TERRORIZERが再結成しCentury Mediaと契約した模様。
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=46394
Oscar GarciaとDavid Vincentは不参加みたいですけど…。
個人的には最近のMORBID ANGELのほうが気にかかってるんですが。
"I"出してから音沙汰ないし。

テーマ:日記 - ジャンル:音楽

Tales From The Punchbowl / PRIMUS

実はこのアルバムが私のPRIMUS初体験だったりします。どうやらこれは4枚目のアルバム。
不気味とお洒落とポップさが入り混じった奇妙なジャケットがステキすぎます。



メンバーはBLIND ILLUSION, SAUSAGE, JERRY CANTRELLらで活躍したバカテクベーシストのLes Claypoolを中心に、同じくBLIND ILLUSION, POSSESSEDと渡り歩いてきたLarry Lalonde(Gr)。ATTENTION DEFICITのTim Alexanderのトリオ編成。
この個性ありまくりな3人が集まってどんな事やってるかというと…よくわかりません(爆)
とにかくもう変態です。とりあえずメタルではないんですが…ロックでもないし。たまにウェスタン風のフレーズやトライヴァル的な曲なんかも入ってきて…、とにかく色々な要素が入り混じってます。気を抜いてるとあっと言う間にこの音に飲まれそうです。
なんだかアメコミ風な印象も受けた。非常に面白い事をやってるんですが、まあ大衆受けは一生しないでしょうね。
個人的にはLes Claypoolの奏でるブリブリ言いまくりのベースが物凄く心地よく、これ目当てでたまに無性に聴きたくなる。
変人さんは是非。

このCDをAmazonで買う

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

Return of the Grasshopper / COCOBAT

日本が誇るクロスオーバー系のバンドの4thアルバム。



OVERKILLのD.D.Verniを彷彿とさせるような硬質のベースサウンドが非常に気持ちいいです。
ややラフな音作りもそれに拍車をかけるようで個人的にはプラスになってます。
曲のほうはハードコアの要素も感じるんですが、スラッシュっぽいリフも出てきたりして、曲展開や小技など含め中々アイデア多様。
下手したらPANTERA(嫌いだけど)などのメタルコア的な音にも近くなりそうなんですが、あそこまで単調じゃないので聴いていて爽快。
日本語の入り混じる歌詞も面白い(笑) 中古屋でも結構見かけるみたいなので興味のある人は是非。

このCDをAmazonで買う

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

Control And Resistance / WATCHTOWER

変態"テクニカル"集団WATCHTOWERの2ndアルバム。



1stアルバムでギターを弾いていたBilly Whiteが脱退し、その後任に激巧ギタリストRon Jarzombekが加入。
更にボーカルも変わっており、Jason McMaster(現WATCHTOWER)からAlan Tecchio(元HADES)へ。
音楽としては普通に先鋭的過ぎる事をやってのけちゃってます。
相変わらず目まぐるしい曲展開と変拍子のオンパレードであり、全パートがリードから離れないという無茶苦茶なスタイルも変わってません。
ただ、前作よりは丁寧な作りになっているように思いました。
気になるボーカルはハイトーンを多用するんですが、浮いてるんだか合ってるんだか(^^; (まあ、浮いてるんだけど)
個人的にはJasonのほうがパワーがあって良かったな。このアルバムも好きだけど。
テクニカル中毒の人は一家に一枚。

このバンドって、やけにDREAM THEATERと比べられてますよね…。
僕は何度聞いてもあのバンドの凄いところが一つもわからないのですが…。

このCDをAmazonで買う

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。